写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

画像の無断使用はご遠慮ください。ヒトサラなどに食べログから提供された画像も含みます。地元のキュレーションサイトに結構使われてしまったので、こう書かざるを得ません(^^;)

コラム 【映画『こどもつかい』個人的感想】※ネタバレ注意





2017年6月24日 観に行って良かった度 3/10点









ひとことで言うと、ティム・バートンのバッタモン。


日本のホラーにしては、
「おどろおどろしい恐怖」「怨念・心理の描写」が足りない。
じゃあ、と海外のホラーと比べると、
「驚かせる系の恐怖」「グロテスクさ」が足りない。


ホラーじゃなくて、ダークファンタジーみたいなものか、
と考えると、ストーリーに起伏が足りない。


子供の虐待は大きな社会問題だけど、
映画の題材としては、もう目新しさはナイ。
それだけで、映画全体を引っ張るのは無理。


というか、「親による虐待」と「第三者による性犯罪」、
どちらかに絞って、もっと掘り下げれば良かったのでは?


いちばん、いらなかったのは「トミーのパンツ姿」。
滝沢秀明演じる人形の、突発的な陽気さ?も。
狂気を強調するほどの迫力がナイ。


ラストシーンも、やっつけたハズが再び、という手垢のついた手法。
にしても、何の繋がりもなく全く唐突で、とってつけたよう。


ホラーのパロディーとしてのコメディみたいでした。






今回は、家族と一緒に行ったので、おやつは2人分、売店で購入。


◆ポップコーン 塩味 Mセット ¥550 (税込)


◆アイスクレープ メープルプリン ¥310
 以前みたいにカチンコチンじゃなくなった☆











人気ブログランキング
に参加しています、クリックして頂けると嬉しいです♪♪