写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

画像の無断使用はご遠慮ください。ヒトサラなどに食べログから提供された画像も含みます。地元のキュレーションサイトに結構使われてしまったので、こう書かざるを得ません(^^;)

10月26日オープン お酒は18時から 【駄菓子屋カフェ笑和(ショウワ)】






2018年10月26日訪問 10月27日投稿


(ここに含まれる情報は全て投稿時のものです)
(価格は全て税込表記です)






10月26日オープンの【駄菓子屋カフェ笑和】さん。





場所は高槻市芥川町4-21-12、芥川のすぐ近く。
焼き鳥の【中本家】さんの隣。






笑和というか、若干、昭和の香り。






営業時間は15~22時、月曜日定休。






カフェメニューとアルコールは18時から。






店内には、商品が並んだ棚と、ちょっと腰かけられる椅子と、小さなテーブル。






10~30円の駄菓子が多い。






真ん中の大きなテーブルでは子供が遊べる。
優しそうな女性の店主?さんが、相手をされていました。






ドリンクはこんなカンジ。
確認していないけど、これがカフェメニューかもしれない。
ラムネ以外には駄菓子がついているよう。






お邪魔したのは18時前、まだアルコールは飲めない。
ので、よんどころなく、お隣の焼鳥屋さんに。
ウソ、本当は最初からコチラにも寄るつもりw
チョット順番を入れ替えただけ。






軽く飲んで、さて戻ろうと外に出ると、あらヤダ! 雨!!
傘を持っていなかったので、【笑和】さんには戻らず、帰宅。
う~ん残念、心残り(><)、また今度、飲みに伺おうと思います。






結局、買ったのは・・・






◆おつまみセット ¥150






◆おやつセット ¥100 (※他のパターンの組み合わせ有り)






私が子供の頃、フツーに存在していた町の駄菓子屋さんは、
もっと狭くて、薄暗くて、ごちゃごちゃと窮屈でした。
しかし、コチラは、スペースにゆとりがあり、明るく、スッキリ。
これが平成風の駄菓子屋さんかもしれない。


ちなみに子供の頃は、個人経営の貸本屋さんもまだ在りました。
今だと、TSUTAYAとかですね、やっぱり、明るい。
昭和は「影と共に去りぬ」、な~んてね。


では、平成という時代は何と一緒に終わるのか、
などと益体もないコトを考えたり致します。







に参加しています、クリックして頂けると嬉しいです♪♪