写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

画像の無断使用はご遠慮ください。ヒトサラなどに食べログから提供された画像も含みます。地元のキュレーションサイトに結構使われてしまったので、こう書かざるを得ません(^^;)

第2回宮城と山形の物産展 雲丹味噌らーめん 【西武高槻店】【網地島屋】






2018年3月訪問 3月22日投稿


(ここに含まれる情報は全て訪問時のものです)
(価格は全て税込表記です)






27日まで西武高槻店にて開催中の「第2回宮城と山形の物産展」に行きました。
美味しそうなモノがいっぱいで、なかなかの賑わい。




お目当てはイートイン♪ 




平日の午前11時半頃、ラーメン屋さんも牛タン屋さんも、
行列はありませんが、そこそこの席の埋まり具合。




ラーメン屋さんをチョイス、メニューは種類¥790~1080。
注文したのは・・・




◆雲丹味噌らーめん ¥1080
「雲丹味噌」とは・・・生ではあまり日持ちのしないウニを蒸し、卵白、
味噌と混ぜ、そぼろ状になるまでひたすら炒めた保存食。




食券を買って、席に着いて、6~7分後に到着。
大きな海苔と、貝殻にのった雲丹、というビジュアルに驚き。

が、雲丹の量が、広告のチラシの半分くらい?
ま、よくあるコトなので想定内w
ちなみに・・・




綱地島の郷土料理の雲丹味噌をより多くの方に食べて頂きたい、そんな想いから作られたラーメンです。試行錯誤を重ね、雲丹味噌の風味がしっかりと味わえる一杯となりました。大きな一枚海苔は船の帆を、極太のメンマは浜辺の大木を、盛り上がったネギは海辺から見える金華山を、このラーメン一杯に綱地島を表現しました。故郷への想い溢れる一杯を、是非皆様にご賞味いただきたいと願っています。・・・とのコト
メンマはスゴク太いのが2本、白髪葱の代わりにモヤシ。
焼き海苔は確かに大きい、船の帆だったのか。
チャーシューは元々ナイみたい。




麺も太い、今まで見たなかで一番!!
ゆるっとウェーブってカンジで、モッチリした食感で、チョット生パスタっぽいw




スープは、勿論ラーメンですから濃いめではありますが、濃すぎず飲みやすい。
味噌自体、白味噌寄り?かな、甘めでまろやか。




想定外の誤算は、スープに投入するタイミングを見計らっている間に、
貝殻の窪みに大切な雲丹がハマってしまったコト、ただでさえ少ないのに。
到着と同時にサッサと投入しとけば良かった・・・(><)




小学生の頃、給食の時間に「牛乳は噛むように飲みなさい」と教わりましたが。


五十路となった今、折角の雲丹の旨味を逃してなるものかと、
ラーメンのスープを、まさしく噛むようにして飲むw
上手く雲丹を噛み潰せたときには、とても美味しいスープです。
でも、その確率や密度は、決して高いとは言えない・・・











雲丹味噌らーめんと、【綱地島屋】さんに関しては・・・






第1回宮城と山形物産展に関しては・・・







に参加しています、クリックして頂けるととても嬉しいです♪♪