写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

画像の無断使用はご遠慮ください。ヒトサラなどに食べログから提供された画像も含みます。地元のキュレーションサイトに結構使われてしまったので、こう書かざるを得ません(^^;)

父との最後の食事かな? 【喫茶・軽食 ひよどり】






2018年7月訪問 7月10日投稿


(ここに含まれる情報は全て訪問時のものです)
(価格は全て税込表記です)






神戸の実家の父の、家族だけでの葬儀を終えて、鵯越斎場に。
ちょうど前日までの大雨のせいで、神戸市内の他の斎場は閉鎖。
火葬の利用が集中するという事態。
おかげで、父の火葬も、予約が取れたのが死後3日目。
通夜の前に仮通夜を挟んで、日程を伸ばして対応。
幸い、葬儀当日は晴天に恵まれましたが、
土砂崩れによる鵯越トンネル付近の通行止めのため、
長田のほうから遠回りで斎場を目指す羽目に、しかも、大渋滞。
予約時間に間に合わないのではと、ヒヤヒヤ。


しかし、まぁ、なんとかギリギリ間に合い、係員の方に急かされつつも、
父の棺を火葬炉の扉の向こうに見送り、さて、骨上げまでは約1時間50分
下手にウロウロして、間に合うように戻って来られなかったら大変なので、
火葬場と同じ敷地内にある、会館的な建物で待つコトに。
ついでに、会館内の【喫茶 ひよどり】で、昼食をすませました。




【喫茶 ひよどり】は、店内はいかにも公共施設の食堂風ですが、
ぐるりをガラス窓で囲まれていて、とっても眺めが良い。
斎場の駐車場は広くて無料。




席数は意外と少なめ。
8人掛けのテーブルが2卓、4人掛けが数卓くらい。
人数が多い場合は、有料の待合室を予約するみたい。
そちらで、食事の手配も可能なよう。




故人の遺影と位牌は、火葬場の係のヒトが白い風呂敷で包んでくれました。
木製の遺影スタンド?は【喫茶 ひよどり】で貸してもらえます。
こうすると、父も一緒に食事しているみたい。
ただ、お水の一杯も供えていなかったコトに、今、気が付く・・・




昭和の喫茶店風なメニュー、お値段はリーズナブル。
食券制ではなく、注文をセルフで紙に書いて渡すシステム。




◆エッグサンド ¥470
マヨ玉子ではなく、スクランブルエッグ。
辛子がよくきいていて、悲しくなくても涙が出そうw
玉子が温かくて、美味しい。




◆ミックスジュース ¥400
果実感もミルク感も薄め、関東風か?




◆アイスオーレ ¥370
写真を撮り忘れ(><)
加糖タイプ、たぶん業務用、ミルク感も少なめ。
ちょっと多めにフレッシュ入れたアイスコーヒーっぽい。
リーズナブルなので、仕方ないな。
家族が頼んだアイスコーヒーも加糖タイプ。
糖尿病などで、糖質制限をしているヒトは要注意。




◆クリームソーダ ¥400
時間が余って手持無沙汰なので3杯目w
メロンシロップが底に沈殿しているので、セルフで攪拌が必要。
人手不足のようなので、仕方ないな。




◆チキンカツ定食 ¥780
夫が頂きました、ごはんの容器は2段式で、お漬物もイン。




食器にはネーム。




ロビーは1階と2階、広い。
車椅子用トイレは1階のみ、エレベーターあり。
テレビはあるけどついていない、つけてイイかも訊きにくいw




【喫茶 ひよどり】の入口脇には、ケーキなどのスイーツショップではなく、
骨壺ショップがあり、ココで、葬儀会館で指定した骨壺の最終確認。
サイズやデザインの変更は可能。
お寺の納骨堂や、マンション風?のお墓に納める場合は、
なるべく小さなサイズがベター。




大きい葬儀会館を選ぶと、家族葬とはいえ、
ヒジョーにシステマティックなものだな~と実感。
流れについていくのが精一杯でした。
父の死は突然だったので、気持はまだ追いついていないカンジです。






店舗情報に関しては・・・




鵯越斎場に関しては・・・




ちなみに、高槻市の場合は・・・




茨木市の場合は・・・







に参加しています、クリックして頂けると嬉しいです。