写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

画像の無断使用はご遠慮ください。ヒトサラなどに食べログから提供された画像も含みます。地元のキュレーションサイトに結構使われてしまったので、こう書かざるを得ません(^^;)

7月19日オープン 安くて楽しい 300gなんて軽い軽い 【いきなりステーキ 茨木店】






2018年7月訪問 7月22日投稿


(ここに含まれる情報は全て訪問時のものです)
(価格は全て税別表記です)






夫と2人で、7月19日オープンの【いきなりステーキ茨木店】に。
高槻ではありませんが、車で行くとラクチン。






前菜無しでビールやワインとともに、真っ先にステーキを味わう…
空き腹にステーキ!格別の旨さが実感できます!

・・・とのコト、だから【いきなりステーキ】なんですね!!

http://ikinaristeak.com/concept/ より引用






場所は、辻子から府道14号線を西に、島1丁目交差点を右折してスグ
左折入庫なので、行きやすい。






思ったより小さい、平屋建ての建物。






駐車場は広々。
車椅子向きのお店じゃないけど、車椅子用の駐車スペースがある。






立ち食いかと思ってたら、椅子が。
ハイテーブル&ハイチェアの客席が30ほど。
フツーの高さのテーブル&チェアの客席が10ほど。

特に子供椅子など無さそうなので、小さいお子さんが一緒の時は要注意。






テーブルの真ん中には仕切りがあって・・・






・・・その上にはナイフとフォーク、調味料。
お箸や子供用のカトラリーはない。






テーブルの下に棚はあるけど、奥行きは浅い。
荷物カゴは席数に対して少なめ。
椅子の脚の間の棚も荷物の置き場かな?






席に案内されるとお冷と紙エプロンが渡される。






紙エプロンにはロケットのイラスト。






お冷のお代わりは入口横。






席ではサイドメニューの注文だけ。
ステーキの注文は、番号札を持って・・・






・・・カット場に行ってする。






大きな塊肉を目の前でカットしてもらえる。






ある程度切り分けた後に、端っこを切り落として、注文の重量に近づける。






スプーンが無くて食べにくそうだったので、付け合わせはブロッコリーに変更。
変更だけなら無料、追加は+¥100。






ランチは平日のオープン~15時。
でも、ライス・サラダ・スープは付いてないけど、
ワイルドステーキやワイルドハンバーグ自体は、ディナーでも注文可能。






◆ワイルドステーキ 300g ¥1390
コレは、カット場で、目の前でカットされない、たぶん安いから。
そして、一口大にカットされている。






鉄板がとてつもなく熱そう。






ワイルドステーキは表面だけ焼かれての提供。
鉄皿の余熱で、自分で焼き上げるスタイル。






ステーキソースは卓上の保温ポットの中。






ステーキを広げて焼く、すっごい湯気






ほど良く焼けたところで、ステーキソースじゃなく、好みで醤油をかけ回す。






結構きちんと焼ける、というか、ノンビリしてると焼き過ぎる。
フォークだと素早くひっくり返せないので、マイ箸を持参するとイイかも。






そして山葵をタップリ取って・・・






ステーキに載せて頂きま~す♪♪
チョッピリ筋はありますが、なかなか美味しい♪♪






紙エプロンをしていて良かったw






夫がチョイスしたのは、1g6.9円のリブロースステーキ。






◆リブロースステーキ 327g ¥2256






焼き方を尋ねられたので、ミディアムで。(※オススメはレアでした)
コチラは厨房で焼き上げてから運ばれてきました。






◆ガーリックライス ¥200






量は多くないけど、挽肉よりも細かい肉片が混ぜ込まれていてイイカンジ。






ステーキは夫と半分コしたのですが、
私はワイルドステーキのほうが、

夫はリブロースのほう美味しいと主張。
どちらも、先に食べたほうが気に入ったよう。
要するに、焼きたて熱々をスグに食べるのが「ミソ」みたい。


・・・あぁ、やっぱり、だから【いきなりステーキ】なのねw






ディナーメニュー 
安いステーキは300gから、高いステーキは200gから。






ワインは持ち込み可。(※要1本¥1000)






8月31日まで「いきなり!太っ腹!キャンペーン中」






店舗情報や、過去の投稿に関しては・・・







に参加しています、クリックして頂けると嬉しいです♪♪