写真版ぐるめ部長の『ほぼ高槻』グルメガイド

写真の無断使用はご遠慮ください。リンクをはっても無断使用は無断使用。著作権の侵害です。

コラム 【苺のヘタ問題】





20年ほど前、ちょうど今頃の季節、夫の祖父がなくなった。
葬儀会館で通夜と葬儀を執り行うコトとなり、親戚一同、ソコに集結。


誰かが「おやつに」と、苺をたくさん買って来てくれて、
私と小姑が「苺洗い係」に任命される。


で、2人で給湯室を借りてセッセと洗ったのだけど。
ヘタを巡って口論勃発、・・・何故か?


私は、「苺のヘタは取りましょう」。
小姑は、「苺のヘタは付けたまま出すもんでしょ」。


180度の立場の違い。


「取ってから出さないと、食べにくいでしょ」。
「ヘタを持って食べるから、イイんじゃない」、
「ヘタが付いてるほうが見た目がイイでしょ」。


今なら絶対に譲らないが、当時はまだ結婚したばかりの、若妻。
年上の小姑に譲歩してしまった。


結果は。


各自が取ったヘタを置いておく器が必要になった。
指先を拭くモノを要求され、ウェットティッシュがなかったから困った。
生ゴミ専用のゴミ箱に捨てるため、改めてヘタを集めなければならなかった。


イイコトないじゃん!
見た目より、食べやすさでしょ、やっぱり!!



昔のハナシだけど、今でもたま~に、このコトを思い出すときがある。
それは、ケーキの飾りの苺にヘタが付いているときだ。


そりゃぁね、緑の葉っぱは映えるよ、赤い苺に。
でも絶対、指にクリームが付いちゃうよ。


見た目よりも食べやすさ、虚より実を優先してほしいと、強く思う。



なお、類似の問題として、「プチトマトのヘタ問題」が挙げられる。





人気ブログランキング
に参加しています、クリックして頂けると嬉しいです♪♪